農業 ネット販売

スマホ1台で手軽に始める、農家さんの為の 試して!ネット販売

50日弱の販売期間で100万以上利益を出した販売テクニック5選~メルカリ編~

読了までの目安時間:約 15分

 

ここでは、実際にわたしが50日弱の販売期間で100万以上の利益をあげた販売方法のテクニックについてご紹介します。
 
 
 

初めてのネット販売ならフリーマーケットアプリ

 
 
さて、テクニックについてご紹介する前に、初めてのネット販売ではフリーマーケットアプリで販売体験をしてみることも大事ということを先に書いておきます。
 
 
 
テクニックだけ知りたいという方は、
目次の方からテクニックへ飛んで下さい。
 
 
 
フリーマーケットアプリでの出品は、
出品し直しが何度も簡単に出来る、そして結果がすぐに分かるということがポイントです。
フリマアプリですから家にある不用品を出品してみるという感覚で簡単に出品が出来ますが、
たくさん商品を販売していこうと思ったら、ただ出品すればいいというわけではありません。
 
 
 
わたしがフリマアプリを使って50日弱の期間で190件販売出来たのは、
出品を何度もやり直しして、お客様の反応を見ながら
失敗→検証→失敗→検証を繰り返していたからです。

 
 
 
フリマアプリは、お客様の反応をすぐに確認出来るので、反応が悪いなと思えば出品方法を変えてみたり、反応が良いなと思えば何故反応が良いのか分析してみたりして次の販売に繋げることが出来ます。
 
 
 
要するに、販売のコツを学ぶのにもってこいの場所と言えるのです。
 
 
 
では、失敗→実験を繰り返してやっと掴んだ販売のテクニックをこれから紹介していきますので、活用出来そうな事は是非試してみて下さい。
 
 
 
 

テクニック1.反応が良い時間を見極めろ

 
 
フリーマーケットアプリの「メルカリ」では、お客様の反応を確かめる方法として、
いいね♡やコメント機能の他に、閲覧数があります。反応が良い時間帯にはその閲覧数がすごい速さでどんどん伸びていきます。
 
 
出品してみて数分で閲覧数の伸びが早ければ、「お!この時間帯は沢山の人が見てくれているんだな」ということが分かります。
 
 
 
当たり前ですが、みんながみんな、同じ時間に
メルカリを見ている訳ではありません。
反応の良い時間というのが必ず存在します。
 
 
 
それも、自分が販売している商品ごとに客層が違いますので、それぞれの商品ごとに反応の良い時間というのは違います。
 
 
 
例えば私の販売していた商品はマンゴーですが、同じ果物でも比較的、お値段が高めの商品になっています。
 
 
 
客層としましては、子持ちの兼業主婦が多かった印象があります。何度かコメントや取引ページでも、これから仕事なのでまた夕方か夜に返事しますという事をおっしゃっていた方もいました。
子持ちの兼業というのがポイントです。
兼業という事は仕事をしている方が多いので、日中はあまり反応がありません。(祝日は別です)
逆に、朝早くの時間帯や夕方から夜にかけては反応が良かったです。
というのも、恐らく通勤時間の電車の中で見ていただいていたからではないかと思います。
 
 
 
これが子持ちの専業主婦の場合、日中が反応が良かったりします。家事がある程度落ち着いてゆっくり出来る時間帯だからです。
 
 
 
しかし、ただ閲覧数が多いだけでは購入にまで繋がりません。
ですので、閲覧数が多い時間帯✖コメントやいいねの反応がいい時間帯を同時にチェックしていきましょう。
 
 
 
あなたの商品を求めている客層によって反応が良い時間が変わって来ますので、そこは、何度か出品してみて反応を確かめてみるのが確実です。
逆に言えば、反応が良い時間帯が分かればどういった方が興味を持っていただいているかというのも分かる事になりますね。
 
 
 
 

テクニック2.お客様を安心させ信用してもらう

 
 
農家というのは信用商売です。
お客様に信用してもらうのはとても大事なことですが、どのように信用してもらうのか?というのも重要になってきます。
 
 
 
ネット販売では、実際に商品を手に取って見ることも、試食をしてみることも出来ません
 
 
 
お客様がその商品を買うかどうか判断をするのに、あなたの努力で魅力が伝えられる部分は、その商品の説明欄や写真しかありません。
他にも口コミ・評価も判断材料になりますがここでは初めてのネット販売を目的としていますので、評価が0だと仮定します。
 
 
 
扱う商品が食べ物以外であれば、
お客様も判断しやすいのですが、食べ物の場合はちょっと特殊です。
 
例えばテレビを販売するとします。
テレビの場合、
この商品は新品未使用箱付きです。
と書かれてあれば、大体商品がどんな状態か想像は付きます。
 
 
 
しかし、食べ物の場合、
採れたて新鮮お野菜をパックに入れます。
と書かれていても、
味はどうなの?という疑問が出て来ます。
 
 
 
そこをいかにして説明欄と写真を使って伝えられるかがポイントとなります。
 
 
 
そこで、ちょっとしたコツを紹介します。
ネット販売を始める前に、
例えば近所の方や知り合いの方、
近くの卸売り市場などで販売した経験はありませんか?
 
 
 
そこでいただいた感想をそのまま書くのです。口コミの効果は絶大です。評価が0であれば、自分でその評価を書けば良いのです。(もちろん自分の感想ではなくお客様の感想です)
 
 
説明欄の書き方に関しましては、重要な部分ですので、長くなるため信頼と安心を得て、購入してもらう為の文章術で紹介しています。
 
 
 
 

テクニック3.写真はありのままを綺麗めに

 
 
フリマアプリでの販売は基本的に素人同士のやり取りです。
その為、プロが撮ったような綺麗す・ぎ・る写真や、インターネット上の販売ページにあるような写真を載せてしまうと変に業者感が出てしまいます。
 
 
 
フリマアプリは、あくまでもフリーマーケットですので、業者感が出てしまうと
そういった商品はわざわざフリマアプリで購入しなくても良いと思ってしまうため、敬遠されガチです。
 
 
 
家庭用で傷があります等が説明欄で記載されているのに写真では傷がない綺麗な写真を載せているのも要注意です。
 
 
 
農産物を扱っている方の評価欄で、
悪い評価を受けている方のところをどういったことに気をつければ良いかというのを調べるためチェックした際に、
多く見かけたのが、「写真と全然違うものが送られて来た」という指摘です。
 
 
 
農産物の場合、実際に送るものと見本写真が違うのは仕方ない事ですが、見本写真とあまりにも違いすぎる商品を送ってしまうのは詐欺にもなりかねませんので注意しましょう。
 
 
 
そこで私が使ってテクニックがこちらです。
 
 
 

  • どういった商品が送られて来るのか分かりやすい写真をいくつか載せる
    (実際にお客様に送る商品はなるべく写真に残しておくと載せる写真がよりリアルになるので良いですよ)
  • 美味しそうな綺麗な写真を載せるのは当然ですが実際送るよりもちょっと質を落とした写真を載せる
    (期待以上の商品が届いて嬉しく思わない方はそうそういません)
  • 写真は必ず複数枚載せる
  • きちんと農業している事を伝えて安心して貰うために、畑の様子や収穫して来た様子などが分かる写真を載せる

 
 
これであなたの商品の魅力が写真を通して伝わるでしょう。
 
 
 
 

テクニック4.お客様に合わせて迅速な対応を心がける

 
 
メルカリ利用者の評価欄を見ていただくと分かるかと思いますが、
テンプレのように迅速で丁寧な対応で良かったです。という評価がとても多いです。
メルカリは手軽に出品、購入が出来るため、あまり手間をかけたくない方も多く、迅速な対応が求められます。
 
 
 
なので、コメントが来たら、
気づいたのであれは後回しにせずすぐに返信する事で購入率も上がりますし、お客様にも喜ばれます。
 
 
 
しかし、早ければ早いほど良いという訳でもありません。
迅速、丁寧にを心がけてください。
この質問に対してこう答えたら今度はこんな疑問が出て来るだろうなという事を予測してなるべくお客様に質問する手間をかけさせないようにします。
 
 
 
迅速丁寧にと言われてもどんな風にしたらいいの?と思われてる方の為に例をご紹介します。
 
 
悪い例
 

この商品は何日くらいで届きますか?
コメントありがとうございます。
4.5日くらいで届きます。

 
良い例

この商品は何日くらいで届きますか?
コメントありがとうございます。
本日のご注文、お支払いで明日の朝発送になりますが、只今、こちらからの発送が大変混雑しておりますので、本来であれば1.2日程で届くのですが4.5日かかる可能性があると宅配の方からお聞きしました。尚、4.5日かかる場合でも、クール便での発送になりますので商品の傷み等は問題ありません。是非、ご検討下さい。

 
 
ただ質問に答えるだけでなく、発送はすぐに行う事、なぜ時間がかかるかという理由、時間がかかる事によって起こる心配等を伝える事によってお客様も安心してお取引出来ます。
 
 
 
そのため、悪い例の場合では、
ちょっと気になるな〜くらいの方は購入を辞めてしまう可能性もありますが、
良い例では、丁寧に答えてくれたから購入しようと決断して下さる可能性も上がります。
 
 
 
興味を持って、コメントいただいた方には必ず最初にコメントしてくれた事に対してのお礼を書きましょう。
 
 
 
 

テクニック5.時々セールを開催してみる

 
 
いいね♡をして下さる方が、購入に踏み切れない理由は値段なのか?それとも他にあるのか?調べてみる為に時々セールを開催してみるのもいいと思います。
 
 
 
ネット販売を続けていく上で価格設定は非常に重要になって来るので今後の学びとしてというくらいの気持ちでやってみるのもありです。
 
 
 
でもあまりにも安くしすぎるのは駄目ですよ。
 
 
 
ですが、セールはただ開催すればいい訳ではありません。
一度セールをするとまたセールするだろうと思われて通常価格で販売してもいいね止まりになってしまう可能性もあります。
 
 
 
なので、セールをするのであれば、
必ずセールをする理由を付けて行いましょう。
 
 
 
:夏休みに入りましたので夏休みキャンペーンとして3日間限定でセール致します。
 
 
 
限定という事をきちんとアピールして下さいね。この限定という言葉にはセールは今回だけですよというメッセージも込められています。
 
 
 

最後に

 
 
以上が、50日の販売期間で100万円以上利益を出すために行ったテクニックです。
 
 
 
他にもありますが、一度に沢山やってしまうと何が反応があったのか分かりにくくなってしまうのでこれくらいにしておきます。
 
 
 
何度か販売をしていくうちに、
独自のテクニックも身に付けられているかもしれませんね。
 
 
是非、試してみて下さい。
 
 
 

 

ネット販売 メルカリ

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る