農業 ネット販売

スマホ1台で手軽に始める、農家さんの為の 試して!ネット販売

商品説明欄に最低限これだけは書いておきたい4つのこと

読了までの目安時間:約 7分

 

信頼と安心を得て購入してもらうための文章術」で売れる文章術について書きました。
読んでいただければ、何となくのイメージは掴めたと思います。
ですが、それでもまだやっぱり何を書いていいのか分からないよとなかなか出品に踏み切れないでいられるのは困りますので(笑)、
今回は説明欄の書き方について具体的に説明していきます。
 
 
ここでは、「50日の販売期間で100万以上利益を出した販売テクニック5選」で書いたテクニックとは別で説明欄に記載した方がいい事を中心に解説しますね。
 
 
 
 

書くこと1.産地

 
 
スーパーで買い物している時も、商品の産地ってすごく気になりませんか?
野菜や果物に関しては産地は必ず見てしまいます。
そして、特に各産地で有名な農産物があるとついついカゴに入れてしまいます。
 
 
 
沖縄県産のゴーヤがあれば買いたくなりますし
鹿児島県産の安納芋があれば買いたくなりますし、
千葉県産の梨があれば、、、新潟県産のコシヒカリがあれば、、、。
 
 
 
と、まぁ基本的に有名な産地の農産物は手に取ってしまいます。どこか安心するんですよね。
 
 
 
なので、自分が扱っている農産物が地元で有名な商品の場合は特に必ず農産地は記載しましょう。
 
 
 
それ以外でも産地を記載する事で安心感を与える事が出来ますのでなるべく記載するようにしましょう。
 
 
 
 

書くこと2.こだわり

 
 
農業をやっておられる方って、同じ農産物を扱っていても一人一人違ったこだわりを持って育てていますよね。
 
 
 
自分の育てている農産物にこだわりを持って育てているのってすごく素敵な事です。
そのこだわりは是非説明欄に記載しましょう。
読んでいるだけでその商品に対する愛情が伝わり、食べてみたいなぁと言う気持ちにさせられます。
 
 
 
例えば、水をこだわっていたり温度をこだわっていたり、無農薬だったり。
 
 
それにこだわることでどう変わるのか、味にどういう変化があるのかなども一緒に記載すると良いですね。
 
 
私の場合、祖父にもこだわりを聞いたのですが30年もやっているベテランなのですべて感覚で行っていて、あまりにもプロの話すぎてこれは伝わりづらいなと思ったのであえて載せませんでした(笑)
 
 
 
 

書くこと3.商品の個数や状態

 
 
農産物は、1つ1つ状態や重さ、大きさなどが違って来ますよね。
 
 
 
80cmサイズの箱に入れます!
2kg分詰めます!
など、大雑把な説明だと購入する側も困ってしまいます。
 
 
 
なので、80cmサイズにはどれくらいの個数入るのか、2kgは何個分くらいなのか、予め記載しておきます。
 
 
 
また、商品の状態も同様です。
食物ですから全ての状態が同じわけではありません。
家庭用の規格外商品や訳あり品等を扱っていたりする場合には特にその部分についてはしっかり記載しましょう。
 
 
 
例えば、無農薬のお野菜を扱っている場合などには、
 

虫食いなどには気をつけて商品選定をしておりますが、見落としなどある可能性もございますのでその点ご理解頂けますと幸いです。

 
など記載すると良いかもしれません。
 
 

  • その際、その虫食いの部分はどうした方が良いか(除いた方が良いのか?それともそのまま食べても問題ないのか?)もしっかり記載し、発送の際には気持ち分サービスで多めに入れておくなど予め対応しておくと親切ですね。

訳あり品を扱っている場合には、
 

訳あり商品になりますので、見た目が劣るものが含まれております。例えば、傷や色ムラ、サイズが小さめなものや形が変わっているものなどです。味には問題ありませんのでご理解頂けますと幸いです。

 
 
など、書いておくとトラブル回避にもなります。
 
 
 
 

書くこと4.発送に関して

 
 
発送を特定の曜日に行う場合や、到着が遅れる場合などは予め記載しておきましょう。
 
 
出品する際に、発送は何日以内と設定するところがありますが、そこは、1〜2日以内で発送と設定する方がもちろん売れやすさはあります。
 
 
 
ですが、毎日発送が出来ない場合もあると思います。そこはきちんと、いつ発送するなども記載しておく事で、4〜7日以内を設定していたとしてもいつ頃届くと言うイメージが予め出来るので、お客様もご自身の予定に合わせて購入しやすくなります。
 
 
 
 

まとめ

 
 
この他にも、コメント欄で良く質問される事は随時、追記していくようにしましょう。
 
 
一人一人に同じ質問を答えていると、対応に追われてしまう事になりかねませんので、予め対応しておくと良いですね。
 
 
 
そうする事でお客様も、購入までの道のりが短くなりますし取引がスムーズになります。
 
 
是非、参考にしてみて下さい。
 
 
 

 

ネット販売

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る